2016年12月20日火曜日

Twitter装幀賞の投票対象決定。あるいは、われわれはBRを導入する。

さんざん悩んできたTwitter装幀賞の投票対象ですが
2016年中に日本国内で出版された

あらゆる種類の本の中から1冊だけ投票

としたいと思います。

昨日の記事にも書きましたが、もともと
  • 活字主体の本のみに限って1冊だけ投票する案
  • 活字主体の本から1冊、ヴィジュアル主体の本(写真集や絵本や漫画など)から1冊それぞれ投票する案
  • あらゆる種類の本の中から1冊だけ投票する案
この3案のどれにするか悩んでいました。

しかしながら、
  • 活字主体ともヴィジュアル主体とも区別の付けられない本がある。
  • 装幀家さんはどんな種類の本でも分け隔てなくデザインしている。
この2点を考えると、下手にジャンル分けなどせず、問答無用のバトルロイヤル方式でいちばんすばらしい装幀の本を選ぶのがシンプルでわかりやすいという結論に達しました。

装幀賞の中の人はいまこんな感じでこの文章を書いています。


なので、投票してくださる皆さんは、人文書でも漫画でも写真集でも料理本でも、ご自身がもっとも良いと思う装幀の本を選んでください。



第1回Twitter装幀賞の投票方法は改めてわかりやすくまとめてこのブログにアップします。


0 件のコメント:

コメントを投稿